自然な素材と薬剤のバランス

それを突き詰めていくと、自然の素材を使うということになります。例えば、シロアリの駆除に、薬剤が使われてきた。さらに木材の腐敗を防ぐた薬剤に頼らないシロアリ対策家ということになります。換気が自然にできるような家の構造を、まず求めて欲しいと思います。これを見逃したら、体にいいとか健康にいいとはいえなくなってしまう。健康な家というのは病気が治るという意味ではないんですから。防腐剤を注入したものが製品として一般に使われていた。なんとか薬剤に頼らない、でも同じ効果が得られる方法がないものかと考えました。薬剤に頼らないシロアリ対策というのは、地中からシロアリが上がってこないようにすることだと。地中にある基礎の水平面と垂直面は、普通は分けてコンクリートを流し込んで型をつくるんですが、そうすると水平面と垂直面のつなぎ目に、小さなすき間があって、そこからシロアリが侵入してくるということがわかってますので、水平面と垂直面を一体にしてコンクリートを打たなければいけない。これによって地中からのシロアリの侵入を防ごうと考えました。土台を薬剤に頼らない方法は、シロアリに食われにくい、シロアリが嫌いな材料を使えばいいと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です